薄毛に悩む全ての方へ。無料カウンセリング実施中 薄毛に悩む全ての方へ。無料カウンセリング実施中

こんな薄毛に関するお悩みはありませんか?

治療費が気になる…薄毛のせいで周りの視線が気になる…副作用が気になる… 治療費が気になる…薄毛のせいで周りの視線が気になる…副作用が気になる…
  • もしかして、これってAGA?
  • 抜け毛の量が最近増えてきた…
  • 生え際(M字)や頭頂部にボリュームがなくなってきた…
  • 髪が細く、全体的にボリュームがなくなってきた…
  • 20代・30代でハゲてきたことに相当焦っている…
  • 副作用が出たりしないか心配…
  • 費用が高くて治療を断念したことがある…
  • シャンプーや育毛剤でのケアに限界を感じている…

AGAについて

AGAは進行性の脱毛症。
症状は年齢とともに顕著になっていきます

AGAがさらに進行すると、前頭部や頭頂部の毛髪が軟毛化して細くなり、長く育つ前に抜けてしまうことが多くなります。
さらに、頭髪の生え際が後退したり、頭頂部の毛髪が薄くなっていき、やがて頭髪の生えなくなった部位が広がっていきます。

AGAの進行には個人差がありますが、一般的には20歳代後半から30歳代にかけて目立つようになり、
40歳代以降に症状が顕著になっていきます。ある研究によると、日本人男性のAGA発症頻度は、20歳代で約10%、30歳代で20%、
40歳代で30%、50歳代以降では40%以上と、加齢とともに高くなる傾向があります。

AGAの多くは遺伝性。
でも、予防と進行抑制は可能です

AGAに「遺伝」が大きく関与していることはよく知られています。そのため、父や祖父にAGAが多い家系に生まれてしまうと、
「遺伝だから仕方がない」と諦めてしまっている方も少なくないかもしれません。
たしかに、AGAの症状の出やすさや、薄毛のパターン(どの部分から薄毛になりやすいのか)は、父や祖父とよく似ることが多いようです。

しかし、同じ遺伝的素因を持ちながらも、AGAの進行が早い人と遅い人がいるのも事実です。つまり、AGAを正しく治療すれば、
症状が進行する前に予防することは充分可能なのです。

また、すでにAGAがある程度進行してしまった方でも、最新の治療技術を駆使することで、AGAの進行を遅らせるだけでなく、
すでに毛髪が生えなくなってしまった部位からの発毛を促すことも可能となりました。

もしあなたがAGAのことでお悩みならば、結(ゆい)AGAクリニックにご相談ください もしあなたがAGAのことでお悩みならば、結(ゆい)AGAクリニックにご相談ください

その方のAGAの症状や遺伝的要素、生活習慣などを総合的に診断し、
それぞれのライフスタイルや予算に合わせた治療法を提案することができます。

AGAの原因と予防

AGAの発症には、「男性ホルモン」と「遺伝的要因」が大きく関わり、
AGAの進行には、
「生活習慣」も大きな影響を与えています。
AGAの原因について、少し詳しく見ていきましょう

男性ホルモン

男性ホルモン
男性ホルモン
男性ホルモンの1つに「テストステロン」というホルモンがあります。
テストステロンには、骨や筋肉の発達を促すほか、
毛髪を作る毛乳頭細胞に作用することがわかっています。


毛乳頭細胞には、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)があります。
血液などによって運ばれてきたテストステロンは、
5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)という酵素の働きで、
DHT(ジヒドロテストステロン)という、
より活性の高い男性ホルモンに代謝します。
髭や胸毛、すね毛などの体毛部分の男性ホルモン受容体にDHTが結合すると、細胞成長因子が分泌され、
毛母細胞が刺激されて体毛の成長が促されます。思春期にテストステロンの分泌量が多くなると髭や体毛が濃くなるのは、このためです。

しかし、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体にDHTが結合すると、毛母細胞の増殖を抑制する因子が分泌されてしまいます。
DHTの影響で毛母細胞の増殖が抑制されると、毛髪の成長が抑制されてしまします。これがAGAの大きな原因の1つです。
AGAを発症するとヘアサイクル(毛周期)が乱れ、毛髪が太く成長できずに、細くてコシがなくなっていき、抜けやすくなります。
さらに症状が進行すると、毛髪が長く成長する前に抜けるため、産毛のような毛が増えて、やがて表皮に毛髪のない部位が広がっていくのです。

遺伝的要因

遺伝的要因
遺伝的要因
毛乳頭細胞内にある男性ホルモン受容体の感受性には個人差があり、
これには遺伝的要因が大きく関わっていると考えられます。
つまり、遺伝的に感受性の強い男性ホルモン受容体を持っている人ほど、AGAを発症しやすいのです。

また、AGAの進行は、いくつかのパターンに分類することができます。
たとえば、前頭部の両脇からM字型に薄毛が進行するパターンや、
ヘアライン(生え際)が全体的に後退するパターン、
前頭部はそのままで頭頂部から薄毛が進行するパターン、
あるいは前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛が同時進行するパターンなどです。

こうしたAGA進行のパターンには、遺伝的要因が大きく関与していると考えられます。

生活習慣

生活習慣
生活習慣
同じような遺伝的要因を持ちながら、生活習慣によってAGAの進行に大きな差が出ることがあります。
AGAを悪化させる生活習慣には、どのようなものがあるのでしょうか?

AGAを引き起こす「ストレス」や「食事の偏り」「睡眠不足」
「生活習慣の乱れ」
睡眠不足や不規則な生活、運動不足、偏った食生活、喫煙習慣や過度な飲酒などはAGAを悪化させると考えられています。
また、帽子やヘルメットを長時間かぶる生活で頭部が常に蒸れた状態が続いていたり、入浴後に頭髪を乾かさずに寝てしまう生活習慣など、髪と頭皮のケアが不充分であることもAGAの進行に影響することがあります。

AGA予防

AGAは、症状が現れてからしか治療を始めることができないのでしょうか?
あるいは、AGAの徴候が現れる前から、予防を行うことができるのでしょうか?

結論から言うと、AGAの予防は可能です。
遺伝的にAGAの発症リスクが高い方には、症状が発現する前から生活習慣の改善、正しい髪と頭皮ケアの習得などの他、
医療機関を利用したAGA治療薬(外用薬・内服薬)の使用なども効果的です。

生活習慣の改善

生活習慣の改善
生活習慣の改善
健康な頭髪は、健康な心身から生まれます。
若々しく、元気な頭髪を維持するためには、AGAの症状が出る前からAGAを発症しにくい生活習慣を身につけることが効果的です。

では、AGAの予防には、どのような生活習慣が効果的なのでしょうか?
とくに大切なのは、規則正しい生活と充分な睡眠です。
適度な運動習慣も効果的です。偏った食生活はAGAの敵。
食事はバランスよく、適量を規則正しく摂ることがおすすめです。
喫煙はもってのほか。過度な飲酒も控えましょう。

正しいヘアケア

正しいヘアケア
正しいヘアケア
ヘアケアでまず覚えたいことは、正しい洗髪の方法です。
シャンプーを使用する前に、ぬるま湯で予洗いをしてから
洗髪をしましょう。
洗髪後、頭髪が濡れたまま寝てしまうと、頭皮が蒸れて頭皮環境が悪化しやすくなります。また、濡れた髪は傷みやすい状態です。
洗髪後はドライヤーなどを使用し、早めに乾かすようしましょう。

AGA予防

AGAの予防と進行抑制なら、専門クリニックが得意とするところでしょう。
患者様お一人おひとりの体質や症状に合わせた治療薬やサプリメント・点滴・ハイドラフェイシャル・頭皮アートメイクなどの
様々な処方から選ぶことができるクリニックもあります。

AGAの治療法

AGAの治療方法はいくつかあり、
ライフスタイルや体質によって選ぶことができます。

AGA治療1投薬治療

投薬治療
投薬治療
内服薬、外用薬、サプリメントの処方
当クリニックでは、ミノキシジル外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)、としてザガーロやプロペシア(いずれも内服薬)を処方しています。
医薬品ですので、症状や体質によって用法用量が定められ、
医師の診察による処方を受けないと使用することができません。
また、副作用がおきることもありますので、
適切な指導を受けてきちんと使用することが大切です。
この他、サプリメントなどの処方も行うことがあります。

AGA治療2より効果的な発毛をご希望の方へのプラン

育毛プランでは、内服薬、外用薬の他に様々な施術を行なうことで
毛母細胞の活性化やタンパク質合成が更に促され、発毛・増毛の効果が期待できます。

頭皮ハイドラクレンジング

頭皮ハイドラクレンジングとは、アメリカで開発されたピーリング+クレンジングのできる「ハイドラフェイシャル」の機械を用いて行います。
頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂、不要な角質が吸引によって取り除かれ、サッパリと清潔に。うるおいを補い、育毛に適した頭皮環境に整えます。もちろん、施術による痛みもありません。

頭皮エレクトロポーション

電気の力で細胞膜に一時的に穴を開け、発毛を促進させる成分を頭皮の奥に浸透させる方法です。
AGA・FAGA治療法の一つで、当院では「クライオエレクトロポレーション」(ケアシス)という機械を使用して、頭皮の深部まで薬剤を運びます。

頭皮ダーマセラピー

髪の毛よりも細い特殊な極細ニードルを使用し、頭皮にごく微小な針孔を満遍なく開け、頭皮本来が持つ自己修復力により毛包細胞自体の再生を促す治療です。
発毛・育毛だけでなく、頭皮のアンチエイジング全般に効果を発揮します。当院では針孔が開いた状態、つまり直接頭皮から毛根周辺までオリジナル薬液「HLTカクテル」を塗布していきます。
有効成分を毛根の奥までしっかり入れることで、薬物療法で対応しづらい薄毛の抑制や改善にアプローチできる最新の毛髪再生医療となります。

AGA治療3頭皮アートメイク

頭皮アートメイク
頭皮アートメイク
頭皮アートメイクは、専用の針を使用して皮膚に色素を着色させる施術です。頭髪の薄くなった部位に頭皮アートメイクを施すことで、施術後からすぐに薄毛を目立たなくすることができます。
AGAによって薄毛が進行すると、人生に前向きになれなくなってQOL(生活の質)が低下する方もいます。
このような方には、投薬治療や生活習慣の改善などと並行して頭皮アートメイクを施すことで、自信を回復する一助となります。
頭皮アートメイクは半永久的に残る刺青(いれずみ)やタトゥーとは異なり、ごく浅い表皮にのみ着色するため、
肌のターンオーバー(新陳代謝)によって薄くなっていきます。
1年ほどでメンテナンスが必要ですが、「頭髪の状態が変化したのにタトゥーだけが残っている」ということはありません。
頭皮アートメイクは医療行為です。詳しくは頭皮アートメイクのページをご覧ください。

AGA治療4生活習慣の改善指導

AGAの進行と生活習慣とは、かなり密接な関係があります。
AGA治療薬(外用薬や内服薬)を使用しても、AGAを悪化させる生活習慣を続けていると治療効果が現れにくいものです。

結クリニックでは、カウンセリングや診察時に患者さまの生活習慣を伺い、問題点を見つけて改善方法をご提案します。
生活習慣を改善するには、モチベーションの維持も重要です。定期的な通院時に生活習慣を確認することは、
モチベーションを高めることにもつながります。

ご予約について

結クリニックは、完全予約制です。
クリニック内の待合室で、ほかの患者さまと顔を合わせることが無いよう細心の注意を払っています。

当院では、主に男性の医師が在中していますので、気兼ねなく通院していただけます。
名古屋駅からも地下鉄で1駅とアクセスもよく、診察は19時まで行っています。
遠方からの通院や仕事帰りの方が受診しやすいのも特徴です。

初回カウンセリング無料

結AGAクリニック名古屋伏見では、初回のカウンセリングは無料とさせていただいております。
カウンセリングは完全予約制となっています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

052-203-8001

ご予約、ご相談はお気軽にお電話下さい

オンラインでのお問い合わせ

まずはお悩みをご相談ください
結AGAクリニックでは、患者様一人ひとりの立場に立って治療を進めることを心がけております。
無料カウンセリングでは費用は一切かかりません。

無料カウンセリング終了後、治療をお断りいただくことも可能ですので、ご安心ください。
まずはお気軽に無料カウンセリングをお申し込みください。

お電話でのお申し込み

052-203-8001

ご予約、ご相談はお気軽にお電話下さい

オンラインでのお申し込み

結AGAクリニック

住 所

愛知県名古屋市中区錦2丁目16-4
伏見メディカルビル7階

電話番号

052-203-8001

最寄り駅

地下鉄東山線 伏見駅 徒歩1分

曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
AM・PM 10:00-19:00 10:00-19:00 10:00-19:00 10:00-19:00 10:00-19:00 10:00-19:00 休診日
担当医師
山本俊輔院長
山本俊輔院長
理事長杉浦尚敬医師
杉浦真理子医師
山本俊輔院長
理事長杉浦尚敬医師
山本俊輔院長
山本俊輔院長
理事長杉浦尚敬医師
※横スクロールでご覧ください