結(ゆい)AGAクリニック名古屋市伏見

AGA治療/FAGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)を
提供する名古屋市伏見区にある結(ゆい)AGAクリニック

052-203-8001

火曜/水曜/木曜/土曜:10~14時/15~19時 金曜:11~15時/16~20時

チャーガについて

「チャーガ」とは

「チャーガ」という言葉を聞いたことがある方は、少ないかもしれません。

日本ではあまり馴染みのない「チャーガ」ですが、ある地域では古くから民間療法として利用されてきた歴史があります。そして近年では、「チャーガ」に含まれる成分とその効果についての研究が進み、実用化されるようになってきました。

そんな「チャーガ」の秘密について、詳しく見てみましょう。

別名「白樺きのこ」チャーガが生えた白樺

カンバ類の樹幹に寄生するキノコ「チャーガ」

「チャーガ」は、タバコウロコタケ科サビアナタケ属のキノコの一種です。英語ではchaga mushroom、学名はInonotus obliquusまたはFuscoporia obliqua、和名はカバノアナタケで、一般的には“シベリア霊芝”とも呼ばれています。

カバノアナタケ(チャーガ)は、シラカンバやタケカンバなどカンバ類の樹幹に寄生するキノコで、ロシアや北欧・北米、日本では北海道などの寒冷地に分布しています。

白樺などカンバ類の幹の、寒さや暴風などで傷ついた箇所にこのキノコの胞子が侵入すると、数年から数十年かけて樹皮表面に黒い菌核が育ちます。この菌核が、白樺の幹にできた瘤(こぶ)のように見えるため、「白樺の癌」と呼ばれることもあるそうです。

チャーガは、古くから民間療法に用いられてきた「森のダイヤモンド」

一見、白樺の木を浸食する厄介者に思えるカバノアナタケ(チャーガ)ですが、古くから民間療法として利用されていていました。そして、その効果が科学的に証明されるにしたがって乱獲がすすみ、いまでは「幻のキノコ」とか「森のダイヤモンド」と呼ばれるようになりました。

“癌”から“ダイヤモンド”に評価が変化したチャーガには、どのような働きや効果があるのでしょうか。


「チャーガ」の研究と働き

ソ連邦の研究機関が明らかにした、チャーガの驚きの働きとは

「森のダイヤモンド」とも呼ばれるチャーガの働きや効果とは、どのようなものでしょうか。

まず、注目されたのはその抗癌作用です。

ロシアでは、カバノアナタケ(チャーガ)から抽出した“チャーガ茶”を飲むと癌が治るという民間伝承がありました。1950年代には、当時のソ連邦の研究機関によって、カバノアナタケ(チャーガ)が消化器系の癌に効果があることが明らかにされました。

作家の体験に基づいた小説がきっかけで、民間療法の研究へ

そのことが世界中の人びとに知られこととなるきっかけの1つには、ある文学作品が関わっています。それがノーベル文学賞を受賞した作家、アレクサンドル・ソルジェニーツィンの代表作の1つ、『ガン病棟』です。

この小説は、ある病院を舞台に繰り広げられる癌患者たちや医師・看護師たちの人間模様を描いた作品です。そのなかで描かれるエピソードの1つに、チャーガによる抗癌作用が登場します。

田舎に住むある医師が、病院にやってくる農民たちには癌患者が比較的少ないことに気づきます。それは、農人たちがお茶代わりに煎じて飲んでいるチャーガに抗癌作用があるからではないかと考察、検証し、それを人びとに広めていく、というものです。

さて、このチャーガのエピソードは、じつは作家ソルジェニーツィン自身の体験が基になっています。自ら癌を患ったソルジェニーツィンが、このエピソードのモデルになった医師・マースレニコフ博士の指導を仰いでチャーガ茶を飲用したのでした。前述のソ連邦での研究機関によるカバノアナタケ(チャーガ)の研究も、マースレニコフ博士の活動に触発されて始まったものでした。

チャーガの様々な効果

その後の研究で、チャーガにはこうした抗癌作用だけでなく、抗酸化作用、抗炎症作用や、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)やHSV(単純ヘルペスウイルス)、インフルエンザウイルスなどに対する抗ウイルス作用のほか、糖尿病・高血圧症・動脈硬化の予防効果など、さまざまな効果があることが報告されています。(※注1)

※注1 太字部分参照元

https://oem-cosmetic.com/svenson-chagalaboratory

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000015908.html


「チャーガ」のヘアケアへの効果

ロシアでは「抗癌薬」、モンゴルでは「健康な毛髪の維持」

ところで、世界各地の地域で暮らす人びとが連綿と受け継いできた知識や伝承を「伝統的知識」といいます。ひとむかし前は、迷信だとか非科学的だとかいわれて評価されていませんでしたが、近年ではこうした「伝統的知識」を科学的に分析して、医薬品や健康食品などに活用する取り組みが活発に行われています。

ロシアでは抗癌薬として利用されていたチャーガですが、一方、モンゴルでは「染髪」を目的とした「健康な毛髪の維持」のために、チャーガの抽出物を洗髪に利用していました。

これに着目したのが、株式会社スヴェンソンです。
モンゴルでの利用状況から、チャーガには発毛・育毛を促す作用があるのではないかと考えて、チャーガに含まれる成分の研究が進められました。そして、ヒトの頭髪毛乳頭細胞に対する増殖促進作用のある化合物が含まれていることがわかったのです。

毛乳頭細胞増殖発言作用グラフ

期待される「チャーガ」の発毛成分

抽出されたチャーガエキスと、発毛効果が高いと知られている「ミノキシジル」と比較してみると、毛乳頭細胞増殖発現作用が1.45倍あることがわかりました。

(出典元:株式会社スヴェンソンチャーガ育毛ラボ(Chaga mushrooms Lab.)

また、育毛・発毛を促進することで知られている増殖因子(FGF-7、VEGF、IGF-1、HGF)の生産が促進されることもわかりました。


FGF-7:「発毛促進因子」毛母細胞の増殖・分裂を促す働きがあります。
VEGF:「血管内皮細胞増殖因子」血管内皮細胞の表面にある受容体と結合することで細胞の分裂を促し、その結果、毛包に栄養を与えて発毛・育毛を促す働きがあります。
IGF-1:「インスリン様成長因子1」肝臓などで生産されるインシュリンとよく似た性質を持つ増殖因子。加齢などで乱れたヘアサイクル(毛周期)を正常化し、育毛・発毛を促進する働きがあります。
HGF:「肝細胞増殖因子」ヘアサイクルの正常化に効果があり、育毛・発毛を促進します。


こうした研究の結果、株式会社スヴェンソンと徳島大学との共同研究チームは、2019年に育毛に関する特許も取得しました(特許番号:6582322/発明の名称「毛乳頭細胞増殖促進剤、線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7)産生促進剤、血管内皮増殖因子(VEGF)産生促進剤、インシュリン様増殖因子−1(IGF−1)産生促進剤、肝細胞増殖因子(HGF)産生促進剤及び育毛剤」)。

このように、モンゴルの伝統的知識をヒントに研究が進められた結果、チャーガには育毛・発毛に効果的であることが科学的にも証明されたのです。

参照

<論文>

(以下内部情報)

<ソルジェニーツィン関連>


\お電話でのご相談・ご予約はこちらから/